2013年 12月 29日
穴子のちらし寿司☆レシピ



下に葉ランなどを敷いたり、1人盛りのお重に詰めたり、
れんこんを飾り切りにしてみたり、金箔をあしらってみたり。。。

盛り付け次第でフォーマル感も出しやすいし、
お正月、おせちと一緒にちらし寿司、いいかもしれません^^







f0137343_10204533.jpg
Recipe☆穴子のちらし寿司

【材料】(4人分)
{酢めし}
 米2合
 昆布昆布5×5cm1枚
 寿司酢適量(大さじ4~5程度)
 白炒りごま大さじ2
{煮穴子}
 焼き穴子2本
 {A}
  醤油大さじ1
  酒大さじ1  
  みりん大1
  砂糖小さじ2
{錦糸玉子}
 たまご2個
 きび砂糖小さじ2
 粗塩少々
{しいたけとにんじんの甘煮}
 干ししいたけ大3個
 にんじん1/3本
 {B}
  しいたけの戻し汁50cc
  醤油大さじ1 
  きび砂糖大さじ1
  みりん大さじ1
  酒大さじ1
れんこん適量(1~2cm程度)
絹さや適量(8~12枚程度)
いくら、刻みのり各適量

【作り方】
①焼き穴子は2~3cm幅に切る。鍋に{A}の材料を入れて火にかけ、
 あなごを加えて煮からめ、冷ましておく。
②干ししたけは戻し、水気をしぼって薄切りにする。にんじんは千切りにする。
 鍋に{A}の材料を入れて火にかけて煮立て、干ししいたけとにんじんを加える。
 汁気が少なくなるまで時々混ぜながら煮て火を止め、そのまま冷ます。
③薄焼きたまごを作る。ボウルにたまごを割り入れてよくほぐし、きび砂糖、粗塩を加えて混ぜる。
 フライパンに油少々(分量外)を熱し、たまご液適量を流しいれて薄いたまご焼きを作る。
 同様にして、何度かに分けて薄いたまご焼きを数枚作る。完全に冷めたら細く切る。
④れんこんは皮をむいていちょう切りにし、酢水につけておく。熱湯でさっと茹で、冷ましておく。
 絹さやは筋を取り、熱湯でさっと茹でて冷まし、好みの形に切る。
⑤寿司めしを作る。といでザルにあげたお米を炊飯器に入れ、昆布を乗せて普通に炊く。
 炊きあがったら10分ほど蒸らして昆布を取り除く。
 寿司桶などにあけ、様子を見ながら少しづつ寿司酢を加え、その都度しゃもじで切るように混ぜる。
 ②のしいたけとにんじんに甘煮、白炒りごまを加え、さっくりと混ぜ合わせる。
⑥器に⑤の寿司めしを盛り、刻みのり、薄焼きたまごの順に乗せる。
 煮穴子、いくら、れんこん、絹さやをバランスよく乗せる。
*寿司めし用のごはんは、かために炊く(水加減を少なめに炊く)とよいでしょう。

   *本館HPレシピ集はこちら 。献立の参考になればうれしいデス☆
    *KIRINビールさまHP へこのレシピを提供しています。



※別館ブログ“あのコがおしえてくれたこと”もUPしています☆
   
  遊びに来てくださってありがとうございます! 
  ↓ ポチッとワンクリック☆してくださったらうれしいです!
   にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


by rins_kitchen | 2013-12-29 23:59 |   ∟ごはんものメニュー


<< 2013年最後の夜ごはん☆年越しそば      環2家* と、反省。 >>